So-net無料ブログ作成
ラヴソング ブログトップ

ラブソング最終回 [ラヴソング]

低視聴率が言われていた、ラブソングがとうとう最終回を迎えました。

年の差のある恋愛だから、賛否両論があったのもうなずけるけど、

主役があの方なら、ぜんぜん、問題ないと思っていたし、



ストーリーも、吃音の主人公が音楽を通して前向きに

自立していこうとしている姿が描かれていたから、いいなと思っていました。



最終回予告編を見たら、感動物語のようで、ワクワクドキドキして最終回を見ました。

ラストは、二年ぶりの再会にならず、言葉を交わさず、立ち去るというもの。



こんな結末、ありなのかと、終わった後なんだか、悶々としたものを感じてしまいました。

一夜明けて、振り返ると、これもありなのかと思いました。



実際、現実社会は、人生いろいろだし、男女もいろいろだから、

余韻を残すラストも、視聴者の想像力を膨らませて良かったのかなと思いました。



でも、ハッピーエンドになってほしかったなと思います。


ランキングに参加しています。クリックしてね♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ




タグ:ラブソング
nice!(0) 

いや、予想よりいいんですよ。 [ラヴソング]

「ラヴソング」ですが、視聴率、苦戦しているようですね・・。

開始前は、結婚後の福山雅治の恋愛モノということ、相手役との年の差ばかり注目されていた感があります。

私も「若々しいとは言え福山がまだ恋愛モノ。

しかも相手はずっと年下の女の子なんて見る気しないわ〜」と思っていました。



吃音の女性との出会いを通して大事なものを取り戻す・・

みたいな紹介を聞いて「なんか古くさ」と思ったのも事実。



しかし!始まってみると、いいんですよ。

まずヒロイン佐野さくらのキャラクターが素晴らしい!

童顔なのにタバコなんて吸って(最近のドラマでは珍しいですよね?)。

華奢なのに自動車の下に潜り込む男前の仕事。




まずめったに喋らない上に喋ると低くて広島弁が出ることも。

それなのに歌うとなんて綺麗な声!

ミスマッチの妙ですね。



吃音についてもリアルに表現されているように思えます。

対して福山は一見チャラいけど実は人生に絶望していて・・

ヒロインに会って変わっていく・・

ま、ありきたりですね。



福山雅治に関して言えば、いつも通り好演していますが、特筆すべきものはないかな。

この後はヒロインが病気で声を失いそうに・・



ちょっとこの脚本にはクサさを感じますが、

何より評価したいのはこの二人が今のところ恋愛関係にないことです。

さくらの一方的な片思い。



福山は何を考えているのかまだ明らかにされていません。

だからこそこのピュアなさくらの恋を見守りたい気持ちにさせてくれるんですよね〜。
nice!(0) 
ラヴソング ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。